フクロモモンガのテト姫のケージを探していたのですが、いいケージがない。
そもそも、檻っぽい昔からよくある柵のケージって好きじゃなくて。

で、当初スナグルかアクリル自作でもいいじゃんとか思ったんですが、アクリル自作だとコストメリットがあまりないので、どーすっかなぁと悩んでおりました。
で、ヘビほど力がないし、大きさ的にカラーBOXを枠に使ったららくしょーじゃねーかと思いつき、作ってみましたフクモモケージ。


港北のホームセンターでいい感じのカラーBOXゲット。700円しなかったですw
20110828-2
んで、この枠だけ使う。
背面は溝があらかじめ掘ってあるので、その溝を考慮して前後のアクリルを購入。
モモンガは爪があるので、押出よりも傷の付きにくいキャストを使用しました。


お次は、はざい屋さんで、購入した背面のアクリルに穴空けまくる。
穴の位置がドリルの歯があたったときにずれないようにポンチでくぼみを付けます。
この工具は、ぐいーっと押すと途中でストッパーが外れて、先端がガツンとはじき出されて穴をうがってくれるナイス工具。
20110828-1

そして、今回の大金星。ハンド掃除機。
穴空けたそばから、これで吸い込んでけば部屋の中でも汚さずに作業が出来るのです。
20110828-3



途中の写真はほとんど撮り忘れましたが、とにかくこの穴開けがめんどーだった。
1時間くらいは、この通気穴を空けていた気がします。。。



扉のロックには、コレを使いました。
正式名称は知りませんが、よくあるやつです。
20110828-5


蝶番は、昔かめ小屋に使ってたやつを流用。
20110828-6

アクリルのシート外してませんが、外側がだいたいできた段階がこれ。
20110828-4


内側にそれっぽく配置。
20110828-7


まだ、いろいろ配置したいところですが、今朝の段階ではこの状態です。
カラーボックスの表面は爪が立たないので、その辺を考慮しつついろいろ弄ってみようと思いますw
20110828-8

テト姫、よろこんでくれるかな・・・・
テトの機嫌を伺いながら、テトハウスは進化し続けます(きっと・・・w)


今回、前後をアクリルにしましたが、やっぱり鉄の柵よりもこちらのほうがいい!
製作時間は、アクリルをあらかじめ寸法通りに切断してもらっていたので、考える時間を含めて4時間程度。
透明度も高くて観察しやすく、お気に入りのケージになりそうです^^